So-net無料ブログ作成

横浜施工不良マンション三井不動産 旭化成偽装で全額賠償補修可能? [横浜施工不良マンション]

横浜施工不良マンション三井不動産 旭化成偽装で全額賠償補修可能?

 大型マンションでもこの有様


神奈川県横浜市都筑区の大型マンションでとんでもない事故が起きている

なんとマンション自体が傾いているというもの

東日本大震災で液状化による住宅の大被害を目の当たりにしてきた

しかし、そのほとんどが戸建住宅

支持層まで杭を打ち込んだ大型マンションは液状化では傾いていない

実際に液状化の被害を受けた私のマンションもマンション外構部分は被害を受けたが

居住エリアは杭を打っているため無傷だった

今回の横浜市都筑区の大型マンションは有名ショッピングモールのすぐ近く

液状化を起こす可能性の低い地域

マンションが傾いた原因はなんと杭が支持地盤まで届いていなかった

地盤調査データ、施工報告書の偽装があった

もう、潰れかけた小さな会社が目先の利益のために偽装したレベル

偽装した会社は

旭化成建材株式会社
東京都千代田区神田神保町1-105

旭化成100%出資の子会社だ!

旭化成建材株式会社は偽装を認め、補修にかかる費用を全額出すことを発表してる

この事故は人災

耐震偽装事件の姉歯事件と何ら変わりはない

 驚愕の偽装工作!


この傾いた施工不良マンション

事業主の三井不動産レジデンシャルの調査の結果

52本の杭のうち28本を調査

6本が支持層に届いていない

2本が支持層に食い込む深度(長さ)不足

杭を施工する際は施工時の管理データで1本1本管理する

杭施工業者の三井住友建設の調査で施工データの改ざんが発覚

支持層に届いていない杭も、正常な杭のデータに改ざんされていた!

ここまでくると人災、刑事事件だ!

世帯数700戸の大型マンション

この原因有名調査自体の信憑性も疑わしい

また、三井住友レジデンシャル、三井住友建設、旭化成建材がタッグを組んだ他の現場

大丈夫なのか??

悪質極まりないこの偽装事件

旭化成建材は修復費用を全額出せるのか?

このような大型マンションで住民が生活する中で補修できるのか?

親会社の旭化成をも揺るがす一大偽装事件となった

最大の被害者は住民

傾いたマンションは手放したくても買い手はいないだろう

一気に資産価値の下がった自宅で住み続ける辛さ

マンション崩壊などはないと思いますが、住民の不安は想像を絶しますね!

今後の対応に注目していきます 

 ネットの反応!


























あなたにオススメの記事

パークシテシLaLa横浜杭問題まとめ













nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。